必要以上の気遣いNG

8月 6, 2015 by admin
家族が医学部受験を目指す場合、家族の中には必要以上に気を使ってしまう人たちもいます。もちろん、これから医学部を目指すお子さんがいらっしゃる家庭の場合、本人が勉強に集中できるようにと神経を使う人もいるのですが、それが良い方向にばかり影響するとは限りません。過度な気遣いがかえって本人のストレスとなってしまい、悪い方向へと影響してしまうこともありますので、あくまでも適度なレベルで気遣いをしておきましょう。

家の中で物音を立てない、余計なことを喋らないなど、いつもとは違う家庭環境を作ってしまうと、かえって本人は過ごしにくいこともありますので、できることなら、いつも通りの家庭環境を整えてあげましょう。

医学部合格のための受験対策は様々なものがありますが、いくら本人がこのようなノウハウを駆使して勉強したとしても、その周囲にいる方々の態度如何で壊してしまっては意味がありません。本人が万全の状態で受験勉強を進めていけるようにサポートしてあげることは重要ですが、まるで腫れものにでも触るような態度で周囲が接していると、本人はどんどんストレスを溜め込んでしまいますので、気遣いながらもいつも通りに過ごしましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.