医学部の受験対策を集団指導で

3月 26, 2015 by admin
集団学習塾を利用するメリットは周囲の学習ペースを把握できるという点が挙げられます。高校受験や大学受験は周囲の人間と学力を競う場になりますので、周りの進捗度を見て自分の学力と照らし合わせることは勉強を進める上で一種の基準になります。集団学習塾の利用はこの基準を見定められるという点でメリットと言えるでしょう。

周囲よりも学力が低いと判断したらもう少し勉強をがんばる、学力が高いならば今のペースを維持するといった具合に勉強の進め方を判断できるのが集団学習塾の利点です。ただし、これにはデメリットもあります。例えば現在の偏差値が60程度の場合、周囲の勉強に合わせていれば相対的に見た学力が低下する可能性も充分に考えられるのです。

したがって、お子さんが周囲の環境に流されやすいかどうかという点も重要になってきます。特に医学部は相当な努力をして受験対策をしなければ突破は難しいので、偏差値60まで到達したことで満足をし、勉強の効率を下げるようではいけません。大体の偏差値で言うならば、45から60程度までは集団学習塾を利用し、60以上ならば個別学習塾を利用するといったように、お子さんの学力に合わせて利用する塾を変えていくのがお勧めとなります。

Sorry, the comment form is closed at this time.